本文へ移動

加藤 仁志 Kobiki

凛としたなかにも土味を残した古色の風合い。
造り手の選ぶ土や、化粧の施しにより様々な表情を見せるのが特徴です。
その柔らかな佇まいは、日々の暮らしを気持ちよく整え暖かな食卓を演出します。
 
岐阜県土岐市出身の陶芸家、加藤仁志さんの作品です。
粉引きとは、素地に白い泥を塗り(白化粧)、その上から透明の釉薬をかけて焼き上げた器をいいます。柔らかな印象を持つ白い器です。
また、品名の「しのぎ」は器に入った、縦に何本も削った模様のことをいいます。鎬(しのぎ)とは刀剣の刃と峰の間の縦の稜線のことです。立体的な模様が白い器にコントラストを生み、より芸術的に仕上がっています。
作り手のこだわりが感じられる、ほっこりとしたシンプルな器は老若男女問わずお使いいただけます。
 
※すべて手作りのため一つ一つ表情が違います。
 
SOU-011
しのぎペアカップ&ソーサー
20,000円+消費税
サイズ:碗φ8.7×H6.7cm
受皿φ14.2×H2cm 入数:16入 化粧箱
SOU-012
しのぎペア茶碗
12,000円+消費税
サイズ:φ12.2×H6cm
入数:24入 化粧箱
SOU-013
しのぎペア湯呑
10,000円+消費税
サイズ:φ7.5×H9cm
入数:24入 化粧箱
SOU-014
しのぎサラダボウル
13,000円+消費税
サイズ:φ22×H6.5cm
入数:24入 化粧箱
 
 
 
作家 加藤仁志
1976年 岐阜県土岐市生まれ
2000年 大阪芸術大学工芸学部卒
2002年 土岐市立陶磁器試験場修了
2004年 土岐市泉北山町にて独立
現在個展、グループ展を中心に活動中。
手掘りした原土にこだわりの素材を生かした、
シンプルで飽きのこないデザインを目指し作陶に取り組む。
株式会社カネセ
〒509-5115
岐阜県土岐市肥田町肥田1687-1
TEL.0572-55-1135
FAX.0572-55-1137
陶磁器(美濃焼、瀬戸物)、企画・製造・販売、OEM
TOPへ戻る