本文へ移動

絵付け方法

主な絵付けの方法を紹介しています。
〇シルク転写印刷〇
転写シートを本焼成後の磁器に貼り付け、再度800度の低温で焼き付けます。比較的、色の種類が豊富で細かな模様に融通がききます。
このため、キャラクターのイラストなど細かなデザインに向いています。
〇パッド印刷〇
素焼き後の素地にシリコンの判子(パッド)で下絵を付けた後、釉薬をかけて本焼成します。転写ほどではないですが、色の種類も豊富です。
日本古来からある、味のある器に仕上がります。
下絵付のため、模様が剥がれる心配はありません。
〇スクリーン印刷〇
撥水の釉薬を使い、はじいた部分で模様をつける方法です。文字や模様を立体的に見せられます。撥水部分は少しデコボコした独特の風合いがあります。マット釉薬は手触りがざらざらとして特徴的です。
株式会社カネセ
〒509-5115
岐阜県土岐市肥田町肥田1687-1
TEL.0572-55-1135
FAX.0572-55-1137
陶磁器(美濃焼、瀬戸物)、企画・製造・販売、OEM
TOPへ戻る